限りなく透明に近いカロリーカット
限りなく透明に近いカロリーカット
ホーム > みてみて情報 > 保証人となる人物

保証人となる人物

自己破産手続きの際にあなたの債務に対し保証人を立てているときには事前に連絡をしておいたほうがよいでしょう。

 

再度、強調したいのですが、保証人となる人物が存在するときは破産の前段階にきちんと考える必要があります。

 

その理由はあなたが破産して免除されると補償する立場の人があなたが借りた負債をまとめて背負う義務があるからです。

 

ということから、自己破産の前段階で保証人になってくれた人にその内容とか現状を説明しつつお詫びの一つもなければなりません。

 

それは保証人となる人の立場からすると当然必要なことです。

 

友人等のあなたが自己破産をすることで多額の負債が発生してしまうことになるのです。

 

そうすると、それからの保証人になってくれた人の行動の道は以下の4つになります。

 

一つの方法は、あなたの保証人が「いっさいを支払う」という手段です。

 

保証人がその数百万もの債務を簡単に返すことができるぐらいのお金を所有していればこの手段が選択できます。

 

しかしながら自分で破産せず保証人である人にお金を貸してもらって自分は保証人となる人に返済するという形も取れるかと思います。

 

保証人がもし債務者と良い関係にあるのなら、少しは返済期間を延ばしてもらうこともありえます。

 

いっぽう一括で弁済不可能な場合でも、金融業者も相談により分割払いに応じることもあります。

 

保証人に自己破産をされると、カネが一銭も戻ってこないことが考えられるからです。

 

また保証人が保証したお金をあなたに代わり払う経済力がないなら債務者と同様に何らかの方法での債務整理を選択することが必要です。

 

2つめの選択肢は「任意整理をする」ことです。

 

この方法の場合貸した側と示談することによって、5年以内くらいのあいだで弁済する方法になります。

 

弁護士に依頼する際のかかる経費は1社ごとにだいたい4万円。

 

7社から負債があるなら28万いります。

 

必要な貸金業者との示談を自分でチャレンジすることも不可能ではないですが、この分野の経験も知識もない素人の場合向こう側が確実に有利なプランを提示してくるので気を付けた方がいいでしょう。

 

任意整理で処理する場合も保証人となる人に借金を立て替えてもらうわけなのでちょっとずつでもその人に返していく義務があるでしょう。

 

次は保証人となっている人も返済できなくなった人といっしょに「破産を申し立てる」ことです。

 

保証人である人もあなたといっしょに自己破産を申し立てれば保証人となる人の義務も帳消しになります。

 

しかしながら、もし保証人が有価証券等を所有している場合は該当する個人財産を取り上げられますし法令で資格制限のある業界にいるのであるならば影響がでます。

 

そういった場合、個人再生制度を利用するといいでしょう。

 

では4つめの選択肢ですが、「個人再生という制度を使う」方法があります。

 

マンション等の不動産を手元に残したまま負債整理をする場合や、破産宣告では資格制限にかかる職にたずさわっている人にメリットのあるのが個人再生による整理です。

http://blog.livedoor.jp/gosen5fountain/

個人再生ならマンション等は手元に残りますし、破産の場合のような職業にかかる制限、資格にかかる制限が一切ありません。