限りなく透明に近いカロリーカット
限りなく透明に近いカロリーカット
ホーム > みてみて情報 > 国の機関

国の機関

特定調停という手段も任意による整理と同じく、それらの債権者に債務の返済を行うことを前提とした債務の整理の形となります。

 

言い換えるなら裁判所がやる借金整理といえます。

 

特定調停による方法も任意整理と似ていますが、自己破産とは違いある部分のみの借金だけを整理していくことができるため、他に保証人が関与している借入以外だけで整理をする時や住宅ローンの分以外だけを整理したい場合等でも使用することも可能ですし財産を処分する必要がないので、戸建て住宅などの資産を所有しているものの放棄してしまいたくない状況においても選択肢になる債務整理の方法になります。

 

ただし、これから返済していく額と現実として可能な給与等の収入を検討して妥当な範囲で完済が見通せるようならばこの手続きを進めていくほうが良いですが、自己破産手続きとは違い返済義務が消えてしまうということではないため借金の量がかなりある状況では、実際問題としてこの方法で手続きを進めることは難しいということになります。

http://blog.livedoor.jp/joetsuup/

さらに、この方法だと国の機関が解決に当たりますので司法書士等にゆだねなくても不利な立場に立たされる心配がないということとか、解決するための金額を圧縮できるという益はありますが債権者からのきびしい催促に処理することになることに加え所定の裁判所にことあるごとに顔を出すことになるといったデメリットもあります。

 

それから、任意整理による解決との比較になりますが、この方法により和解が成立しないような時は年利をそのまま付けた計画で支払っていかなければならない点や結果としては債権を持つものへ支払っていくお金が任意整理による解決の場合と比較して割が合わない傾向があるという注意点もあります。